2017_02
16
(Thu)11:18

ペコ、無事帰還



白血病キャリアのペコ。少しでもストレスを取り除いてあげたくて、まずは発情をしないよう手術を決行いたしました。

正直保護した時は、避妊手術が出来るなんて考えていませんでした。

看取るつもりで保護したから。

でも生きる力ってすごいですね。私は感動しています。



ごはん・・・



20170216091616095.jpg



昨日絶食の朝、鳴きもせずに待ってるんですよ。いい子だけどなんか切ない( ノД`)



出勤前にお預けです。



【怖いけどお外をチラッ】
20170216091736927.jpg



主治医のお昼からの外来診察が済んでからなので16時~始まりました。

術後服を一応用意しておこうかなとPCとにらめっこ。こら。仕事しろ。

帰りに100均でタイツを購入。



お迎えは夜なので試行錯誤しながら聞き分けのいい、この方にモデルになっていただきましたよ。



にゃんだこれ!うごけないですよ!



20170216092201409.jpg



ムービーはInstagramでどうぞです。(tomotomo3230)

スクール水着と言われツボに(爆笑)



無事に終わりましたの連絡を受け20時にお迎えに。会いたかったですよ、ペコ。

落ち着いて見えましたが発情していたようで、卵管が太くなっていました。先生的にはこちらの方が取りやすいのだとか。

画像はなんか塩辛みたいなので、載せるのはやめときます(笑)



20170216092615162.jpg



傷口。カラーはあまりしたくない旨を伝えていたので、普通は抜糸ありなのですが今回は溶ける糸で、埋没法でやっていただけました。



白血病のせいかわからないですが、正常な猫よりペコの皮膚が薄くて柔らかくてもろいそうです。

しかし糸と糸の間隔は通常の幅で縫ったそう。

皮膚が弱くて糸が取れちゃわないか心配。

ならじゃあ傷が開かないように間隔を狭めて縫えばいいのでは?

と素人はなりますが、あまり間隔を狭めてキチキチに縫ってしまうと今度は傷口への血流が悪くなり、なかなか治らなくなってしまうんだそう。

なんて話を聞いたら100均タイツなんて薄いのはいかん!と術後服が病院で取り扱っていたので、購入して着せてもらいました。



【幸せの黄色いお洋服】
20170216093437063.jpg



去年の9月にコンビニに現れた時はまだ小さかったと店員さんに聞いていたのでペコは1歳未満の(たぶん)若いはずなんですが、お腹を開いた時に内臓を見てみたら「年がいってるのかな?と思うくらい少しお疲れの状態」だそうです。

年齢と内臓年齢が比例していないんですね。野良猫ちゃんの過酷さにまた胸を打たれました。



そして、口が口がと言っていましたね・・・一番酷かったお口です。前回の診察時、撮れました。



20170216094030423.jpg



ビックリするかと思いますが、これでもとても綺麗になりました。
保護した時は口の中全体が真っ赤に腫れ上がってあまり見えない状態でした。そんな状態で缶詰をくれる人を待ち、痛さよりも空腹で食べていたのです。

そして歯は何本かしかなくなってしまいました。



奥の丸く穴ぼこが開きそうなところ。麻酔で眠っている時に触ってみたところ、特に異常はなく皮膚の状態で穴ぼこに見えるそうです。とりあえず安心しました。

そもそも穴が開いていたらすでに気管にご飯が詰まったり、窒息を起こしていますよ~(笑)。ですね、そうですよね。



なんだかフラフラするです・・・



20170216110222183.jpg



20170216110304240.jpg



帰宅直後はまだボ~ッとしてましたが、時間が経ったらハッキリと。久々にシャーーー(`Д´)されました。



ごはん・・・



【今朝】
20170216110514970.jpg



起きたらいつものように待っていました。よかった。体力回復にたくさん寝るんだよ。



すぐふっかつするですよ



【シャキーン】
20170216110715330.jpg



ひとまず、しばらくのんびりできそうです。



どうか発症しませんように。ただただ願うばかりです。



☆おまけ☆


【100円で買ってみたの着せたらすげーキレられた】
20170216110900977.jpg



【無事に帰ってくれてありがとね】

ネコの病気・健康ランキングへ



ペット(猫)ランキングへ
スポンサーサイト