2017_03
28
(Tue)10:42

難治性口内炎



先日、朝ごはんを食べた後にペコの部屋から「ギャッ!」と聞こえました。



見に行くと、口の中に前足を入れるような仕草をしていました。



出血。口のまわりと前足が真っ赤。



ひぃぃぃ!
肉芽が潰れたのでしょうか。
何かが起きたようです。
基本ブラッシングの時以外は抱っこもさせてくれない、口を触ろうとしようものなら隠れてしまい出てきてくれないペコなので、確認ができませんでした。



【Go、病院】
20170327231436060.jpg



【緊張しちゃってベロ出ちゃった】
20170327231719155.jpg



きっと口内炎が悪化したんだろう。
ご飯が食べられなくなったらどうしよう・・・頭の中ではそれしかなく・・・



結果、自分の爪で歯肉を引っ掻いてしまい血が出たのでした。



【横にのびる引っ掻き傷、赤くて痛そうです】
20170327232319689.jpg



歯肉を傷つけてしまったけれど、口内炎が悪化した訳ではありませんでした。



逆でした、良くなっていた!



20170327232545440.jpg



上が前回の写真、下が今回の写真です。



真っ赤で痛々しかった肉芽が、赤みがなくなり良くなっていました。



実はステロイドは前回1ヶ月分もらっていたのですが、様子を見ながら飲ませるようにとのお話だったので、何日かに1回、たまにしか飲ませていなかったんです。



ブログを読んでくださっているKさんが、「効くかもしれないので」とペコのためにお試しにササヘルスを送ってくださいました。



20170328095404332.jpg



フェルトボールも一緒に。みんな無くさずに楽しく遊んでいます。ありがとうございます。



水で薄めて、患部に直接塗るのは難しいのでシリンジで。



おそらくマヌカハニーとササヘルスが効いたのだと思います。



はやくかえりたいです・・・



20170328095719580.jpg



ステロイドと抗生剤等もらい、ひとまずホッとして帰宅しました。



【保護初日、バサバサだった毛も】
20170328095901393.jpg



【ツヤツヤになったね】
20170328100025874.jpg



お口のケア、抱っこはブラッシングの時しかさせてくれないのですが、時間をかけてお口を触れるように徐々に慣らして頑張りたいと思います。ひぃ。



んふふ~♪



20170328100230679.jpg



【目指せ歯磨き( ノД`)】

ネコの病気・健康ランキングへ



ペット(猫)ランキングへ

スポンサーサイト
2017_02
16
(Thu)11:18

ペコ、無事帰還



白血病キャリアのペコ。少しでもストレスを取り除いてあげたくて、まずは発情をしないよう手術を決行いたしました。

正直保護した時は、避妊手術が出来るなんて考えていませんでした。

看取るつもりで保護したから。

でも生きる力ってすごいですね。私は感動しています。



ごはん・・・



20170216091616095.jpg



昨日絶食の朝、鳴きもせずに待ってるんですよ。いい子だけどなんか切ない( ノД`)



出勤前にお預けです。



【怖いけどお外をチラッ】
20170216091736927.jpg



主治医のお昼からの外来診察が済んでからなので16時~始まりました。

術後服を一応用意しておこうかなとPCとにらめっこ。こら。仕事しろ。

帰りに100均でタイツを購入。



お迎えは夜なので試行錯誤しながら聞き分けのいい、この方にモデルになっていただきましたよ。



にゃんだこれ!うごけないですよ!



20170216092201409.jpg



ムービーはInstagramでどうぞです。(tomotomo3230)

スクール水着と言われツボに(爆笑)



無事に終わりましたの連絡を受け20時にお迎えに。会いたかったですよ、ペコ。

落ち着いて見えましたが発情していたようで、卵管が太くなっていました。先生的にはこちらの方が取りやすいのだとか。

画像はなんか塩辛みたいなので、載せるのはやめときます(笑)



20170216092615162.jpg



傷口。カラーはあまりしたくない旨を伝えていたので、普通は抜糸ありなのですが今回は溶ける糸で、埋没法でやっていただけました。



白血病のせいかわからないですが、正常な猫よりペコの皮膚が薄くて柔らかくてもろいそうです。

しかし糸と糸の間隔は通常の幅で縫ったそう。

皮膚が弱くて糸が取れちゃわないか心配。

ならじゃあ傷が開かないように間隔を狭めて縫えばいいのでは?

と素人はなりますが、あまり間隔を狭めてキチキチに縫ってしまうと今度は傷口への血流が悪くなり、なかなか治らなくなってしまうんだそう。

なんて話を聞いたら100均タイツなんて薄いのはいかん!と術後服が病院で取り扱っていたので、購入して着せてもらいました。



【幸せの黄色いお洋服】
20170216093437063.jpg



去年の9月にコンビニに現れた時はまだ小さかったと店員さんに聞いていたのでペコは1歳未満の(たぶん)若いはずなんですが、お腹を開いた時に内臓を見てみたら「年がいってるのかな?と思うくらい少しお疲れの状態」だそうです。

年齢と内臓年齢が比例していないんですね。野良猫ちゃんの過酷さにまた胸を打たれました。



そして、口が口がと言っていましたね・・・一番酷かったお口です。前回の診察時、撮れました。



20170216094030423.jpg



ビックリするかと思いますが、これでもとても綺麗になりました。
保護した時は口の中全体が真っ赤に腫れ上がってあまり見えない状態でした。そんな状態で缶詰をくれる人を待ち、痛さよりも空腹で食べていたのです。

そして歯は何本かしかなくなってしまいました。



奥の丸く穴ぼこが開きそうなところ。麻酔で眠っている時に触ってみたところ、特に異常はなく皮膚の状態で穴ぼこに見えるそうです。とりあえず安心しました。

そもそも穴が開いていたらすでに気管にご飯が詰まったり、窒息を起こしていますよ~(笑)。ですね、そうですよね。



なんだかフラフラするです・・・



20170216110222183.jpg



20170216110304240.jpg



帰宅直後はまだボ~ッとしてましたが、時間が経ったらハッキリと。久々にシャーーー(`Д´)されました。



ごはん・・・



【今朝】
20170216110514970.jpg



起きたらいつものように待っていました。よかった。体力回復にたくさん寝るんだよ。



すぐふっかつするですよ



【シャキーン】
20170216110715330.jpg



ひとまず、しばらくのんびりできそうです。



どうか発症しませんように。ただただ願うばかりです。



☆おまけ☆


【100円で買ってみたの着せたらすげーキレられた】
20170216110900977.jpg



【無事に帰ってくれてありがとね】

ネコの病気・健康ランキングへ



ペット(猫)ランキングへ
2016_12
19
(Mon)19:45

ヤマトの去勢手術の方法は素人以下



長くなります。


Instagramで仲良くさせていただいている方々はもうご存知かと思います。


私は怒っていますので、ヤマトのような思いをする犬猫ちゃん達が1匹でも減りますように、こちらでも暴露させていただきます。


まずはハル君の去勢手術直後のタマタマを見てください。


【しょぼぼん、すっきり】
20161219173058034.jpg


去勢手術=タマ袋のちょうど真ん中を何ミリか切り、そこから睾丸を取り出して終了。
獣医さんによっては念のため溶ける糸で傷口を縫いカラーを付ける方もいらっしゃるそうですが、基本はカラーもなし。元気一杯で帰ってきます。


これが一般的に行われている去勢手術の方法(と私は認識していた)のはずです。


ゆきはなの避妊手術でさえ、お腹をちょっと切り、溶ける糸で縫合。1cmもなかった気がします。傷口にガーゼとテープだけ貼ってカラーなしで帰ってきました。


ヤマトを保護したのは【動物看護師】という資格を持つ方です。


我が家で里親になったものの、手術の費用までは保護主がもつ約束でした。


「私がヤマト君をお迎えに行き、以前勤めていた動物病院で手術をしてもよいのですが、いかがですか?」
と連絡をいただいたので、相手は看護師。それを信用しきってしまった私も大馬鹿だったのですが、お任せする事にしました。


手術日はペコちゃんを保護した次の日でした。
12月9日(金)私は仕事だったので朝早くに迎えに来てくれました。
手術が終わり夜帰ってきた時、何故かカラーをしてるんですよ。(下敷き素材にテープを貼った簡易型しかも体に合ってないでかめサイズ)


え?カラーしてるの!?


「そうなんです♪1週間後に抜糸があるので。」


はぁ!?抜糸もあるの!?


とりあえず、保護主が帰った後によく見てみました。


糸じゃない!針金で縫ってある!!しかも両方のタマ袋!!


【なんだこれ】
20161219175535790.jpg



あ然。



そして、渡されたのがこれ。


20161219175640270.jpg


イソジン系の消毒液に、【抗菌剤】と書かれた得体の知れない飲み薬。


「薬はなんていう薬ですか?」


「ごめんなさい、わかりません。」


はぁ?口に入るものなんだから聞いてくるのは当然じゃないの?あんた看護師だよね?


消毒なんて痛がって痛がって出来たもんじゃありません。きちんと座れずに横になる女の子座りしかできませんでした。


【ペコちゃんが使うかも。って前日に買ったカラーをなぜかヤマちゃんがしてる・・・】
20161219190523696.jpg



だんだんイライラしてきましたよ。



次の日あまりに痛がるので、すぐに私のかかりつけ主治医に診てもらいました。


「こんな方法は初めて見ました。縫合の仕方も独特だ・・・」


【時間が経つ毎にガビガビ腫れ腫れ】
20161219181445308.jpg


「腫れが酷く、乾燥も酷い。最悪の最悪は壊死してしまうのが心配です。ワイヤーを切ってしまってもいいのですが、専用のハサミなので今の状態では刺激するには痛すぎて可哀相。イソジン系なんて消毒も相当痛いはず、やらなくていい!」めずらしく声を荒げていました。


で、痛み止めと抗生剤を飲み、人間用の抗生物質入りの軟膏を塗り、痛がらなくなったら抜糸、いや抜ワイヤーしましょう。となりました。


【痛い~最悪壊死】の話を保護主に報告。次の日、保護主から手術をした病院に連絡を入れたそうですよ。


以下、保護主のLINEです。


【タイミング悪く忙しいところに電話してしまったようで、看護士さんとの話だけになってしまったのですが…

手術をしたのは、院長でしたし、手術中も特に問題はなかったようです。
ワイヤーをやめたというのは、私の勘違いだったようで変わらず行っていることだそうです。

痛がることはもちろん、そちらの病院でお話されたことも伝えました。執刀したのは誰か、手術の方法は正しかったのか飼い主さんも、気にしている。と、話をしました。

そしたら、
『大変でも、1度病院に来てヤマトくんの様子を診させてもらいたい』こと
『電話や私を通してではなく直接お話をさせてもらいたい』
と、お伝えするように言われました。】


最後の一文。関わりたくなくなってきた感、丸出しです。


行くわけないだろう、馬鹿野郎。行って何か変わりますか~?睾丸返してくれますか~?


「ちゃんと処置をこちらでしてもらっているので行く気はない、私の中でそちらはヤブ医者。もし壊死でもしたら必ず乗り込みます。」


と返事をしときました。


そもそも誠意のある医師なら、直接電話一本してくるはずです。来いだと?ふざけんな。


【正直、わたしも今後はtomoさんにそちらの病院でお願いできたらなと思います~~お薬の名前だけは聞いておきますか?】


だから教えろって言ってんだよ。馬鹿なの?イライラMAXです。



そして今日現在。待ってるんだけどね、何日か経ってるんだけどね、お薬が何なのか連絡ありません。


ので、無事にヤマトの傷が治った事もあえてわざと伝えていません。


こちらでかかった費用はもちろん出してもらいます。


こんな手術をする獣医師を彼女は信頼していたそうですよ。
勤めていた病院だからいくらで安くやってもらったのか知りませんが、無責任にも程がある。


あと何日か待って連絡ない時には、直接私がヤブ医者に連絡をします。


【12月16日ここまで綺麗になりました】
20161219190402841.jpg


【12月17日、痛みも引いたので無事に脱ワイヤー】
20161219191114688.jpg


【締め付けてあった証拠品、持ち帰り】
20161219191155685.jpg


私がヤマちゃんペコちゃんでイッパイイッパイだった間に、お友達Eさんが知らんぷりして「あの~、雄猫を初めて飼うんですけどぉ~手術って~?」と病院に電話をして聞き出してくれていました。素敵です。さすがです(笑)


それによると、去勢手術するすべての猫に同じ手術方法でワイヤーを使っているそうです。当たり前のように明るく電話口で言われたそうですよ。


そしてこんな手術で、費用は18000円。
ペラペラのカラーは1500円。


「男の子でこれだもの、女の子の手術なんて恐ろしいわよ。何匹か死んでるかもよ!!薬も一番安い家畜用じゃないのかしら?」


とのこと。


184をつけたら電話は繋がらないそうですよ。


はっきり言います。


茨城県ひたちなか市にある【か○た動物病院】です。


営業妨害ではありません。私は嘘は言っておりませんから。


20年前でもこんなやり方はしない。もはや化石以下の手術をしています。


ネットではHPはなくクチコミだけになっていますが、なぜか全員☆5個(笑)ついています。
関係者が書いていると思われます。


もしかしたらヤマトと同じく痛い思いをしている子がいるかも知れません、いや間違いなくいるでしょう。なのでありのままを書かせていただきました。



一番可哀相な思いをさせてしまいました。反省です。無駄に痛い思いさせてごめんね、ヤマちゃん。



イタイイタイでした、でももういたくないですよ



20161219193612617.jpg



【ゆるさん】

ネコの病気・健康ランキングへ



ペット(猫)ランキングへ

2016_12
02
(Fri)14:34

ヤマト、オカマになるです・・・が、しかし



や~まちゃん!



ほい?



20161130123138059.jpg



そのおちりについたブリンブリンをあ~してこ~して・・・しますよ。



【見おさめブリンブリン】
20161130123408290.jpg



スプレー行為が始まってしまいましたが、場所が限られているのでハル君の時ほど大変ではないです。



え?



20161130124006148.jpg



ボクちんは家中の電化製品にやりまくったでしょう。朝から深夜まで大変だったんだから(笑)



今回は去勢手術までは保護主さんが責任をもつとの約束でしたので、違う病院でお願いします。(保護主さんは動物看護士さんです)



きゃ~~!



20161202143015321.jpg



昨日の午前中、待ち合わせ場所まで輸送ちう。



ではでは、お願いしますにゃん!とお願いして、今日はのんびりしましょ(*´∀`)と帰宅した途端、保護主さんから連絡あり。



39.5℃とちょっとお熱が高めなので、大事をとってお薬を飲んでみて1週間見送ります。



ひぃ、マジか(゚д゚lll)



てなわけで、オカマになるのは来週になりました。



頑張れ。



前日の22時から大人猫を巻き込んでの絶食だったのですが、なんとヤマちゃんのいい子だこといい子だこと。おとなしく言う事をきいて我慢してくれましたよ。

それに比べて、ゆきはなハルの大人げない姿よ(笑)
騒ぐ大人、腹が減りすぎて取っ組み合いをする大人を冷静に見るヤマちゃんの図が笑えました。



【また来週もう一回絶食!】

ペット(猫)ランキングへ

2016_09
01
(Thu)09:25

治ってきたよ



口元を真っ黒にしたゆきちゃん。



汚れを取ってもらった夜は赤くなっていましたが、



20160831194626335.jpg



ステロイドを3日間と抗生剤を飲み、濡れたガーゼでふきふき、ふきふき。



20160831212256908.jpg



はい!ここまで綺麗になりました。



さて、お薬の時間です。



まだですか・・・



【食後、なぜか薬を待っているw】
20160831194854409.jpg



まだかなー、おくすりまだかなー・・・



【根気強く、薬を待っているw】
20160831194947393.jpg



なぜかって?

上手に飲めたらご褒美にちゅーるをすこーしもらえるからです。もちろん1本はあげませんよ(笑)



ゆきちゃんに関しては飼い主も目薬、内服薬、一人で出来るようになりました。



あとのふたりに出来るかどうかは・・・最近お薬飲ませるような事もないから、わからない!まぁいい事ですがね。



ちゅーるのためならおくすりじょうずにのめるです!ばんにゃい!



20160831195343481.jpg



【絶好調!】

ペット(猫)ランキングへ