2017_05
01
(Mon)20:51

tomo流お薬の飲ませ方、目薬のさし方



大好きなしろちゃんママのブログで、お薬を飲ませるのは難しいですよね。という話になりました。



私も慣れるまでは旦那と二人がかり、上手くお口を開けられずに何回もペッと出されてしまい、暴れられ逃げられ、四苦八苦しました。



特にデラの時。免疫抑制剤をはじめ抗生剤など多い時で7種類。



錠剤を潰し、カプセルに詰め、回数を少なくするように。



20170501083448999.jpg



役に立ったのがこのカプセルです。薬局になかったのでネットで3番、4番購入。2番になると猫の口には大きすぎる感じです。



【小林カプセルさん、ありがとう】
20170501083615966.jpg



右の親指と人差し指で薬を持ち、左手で目を覆うように上を向かせ、薬を持ったまま右手の中指で下顎を開き、瞬時に人差し指で喉の奥へ放り込みます。



そのまま口を閉じさせ、喉元をナデナデすると飲み込んでくれます。



慣れるまで私も結構かかりましたが、手の動きをためらわずにスッと出来るようになれば、猫が香箱組んでリラックスしてる間にでもササッと、押さえつけなくても飲ませるのが可能になりました。



ハル君は体が大きく股で挟めないので、リラックスしている時をねらってさっと飲ませます。びっくり(笑)



ペコは抱っこも無理なので、大好きなマグロのお刺身に挟み込んで一緒に飲ませてしまいます。



おかあさんの言うことは絶対のゆきちゃんに、モデルさんになっていただきましょう。



【小さいおやつで動画です。ごっくん】




次は目薬です。



よく目の際に垂らすと言われてますが、猫にとったら恐怖です。



ので、私は目をつぶらせて垂らしています。


またまたゆきちゃんモデル。よく結膜炎になるので、本人も慣れたものです。



【挟まれた時点で覚悟決めるゆきちゃんw】




目薬に慣れているゆきちゃんでも、目を開けたままだと怖くて逃げようと暴れます。



目をつぶらせて目頭に大粒の一滴を垂らし、モミモミと馴染ませればすぐに終わりです。目薬容器の先端は触らないように垂らします。



ゆきちゃん、じょうずでしょう?



20170501085509761.jpg



お互いの慣れでしょうか。こんな感じで飲ませて、垂らしています。



【薬はやだよね~(´-ω-`)】

ネコの病気・健康ランキングへ



ペット(猫)ランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。