2015_09
24
(Thu)16:49

デラ数値(飼い主記録用)


2015年

【原因追求時】

PCV (基準27~48) / HB (基準9~15)/ GTP肝(基準22~84)


04月24日:8.3/2.5/ 32 ●輸血ゆき●


ヘモプラズマ大量に現れる
薬:レボフロキサシン(抗生剤)・プレロン(ステロイド)
ラニチジン(胃酸抑制)・プリンペラン(吐き気止)


05月01日:9.7/3.1/889


薬: レボフロキサシン(抗生剤)・プレロン(ステロイド)
ラニチジン(胃酸抑制)・プリンペラン(吐き気止)
ビブラマイシン(抗生剤)・ネオファーゲン(強肝剤)


05月10日:7.6/2.2/>1000 ●輸血スタッフ猫●


05月12日:16.3/5.2/695


薬:ステロイド中止。アトピカ開始(免疫抑制剤)


05月17日:21.2/7.7/189


薬:アトピカ(免疫抑制剤)・レボフロキサシン(抗生剤)
ビブラマイシン(抗生剤)・ネオファーゲン(強肝剤)


05月24日:20.4/6.2/54


06月07日:13.6/4.2/30


薬:アトピカ(免疫抑制剤)・レボフロキサシン(抗生剤)
ビブラマイシン(抗生剤)・プレロン(ステロイド)


06月14日:10.7/4.3/>1000



【白血病判明】


薬:効果なし。全て中止。下痢続く



06月21日:6.4/3.0/>1000 ●輸血スタッフ猫●


06月22日:18.0/


07月05日:13.3/4.1/53


07月20日:6.0/2.1/34 ●輸血はな●


08月09日:12.4/3.9/


08月17日 : 8.1/2.5 ●輸血ゆき2度目●


08月18日:14.0/


08月31日:10.9/3.5/33《発熱》40.3度


薬:プレドニゾロン(ステロイド)・レボフロキサシン(抗生剤)


09月05日:7.8 / 2.8 《発熱》40.7度
AM1時


ヘモプラズマ現れる
薬:ビブラマイシン(抗生剤)
メトロニダゾール(抗生剤)→×吐く。中止


09月05日:7.9/2.5 ●輸血ラグちゃん●
PM7時


09月07日:16.0/


09月13日:15.7/5.3/>1000


薬:プレドニゾロン減量(ステロイド)
レボフロキサシン(抗生剤)・ビブラマイシン(抗生剤)
ネオファーゲン(強肝剤)
インターフェロン(飲)


09月27日:8.3/2.8/172/《熱》39.8度


10月1日:6.3/2.1/ ●輸血スタッフ猫●


10月2日:13/


10月11日:10.3/3.5/


10月23日:8.9/2.9/


10月日:
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック